panda大学習帳外伝

仕事が忙しくなってくると無性に始めたくなること。

メインページ | panda大学習帳 | 第三倉庫 | 用語集📒 | 本サイトについて | プライバシーポリシー


テゾス(Tezos)を買ってきて、Galleonのウォレットに入れてみた話(人柱的紆余曲折編)💰

最終更新日: Mon Feb 22 21:35:42 2021 +0900

はじめに

数ある暗号資産の中からTezosを買ってきてみたのですが、delegationのためのウォレット選び及びGalleonのインストール先で try & error したので、その経過を書くことにします。

スポンサーリンク

その1: Galleonに辿り着くまでの人柱的紆余曲折。

Galleonでdelegateするまでに実際にやってみた作業の経過は以下のような感じです。

とんでもなく冗長で、かつ人柱感満載です。

Google先生に聞いてみたところ、TezBoxというのがウォレットとして使えそうだと思ったので、Chromeの拡張機能としてインストール。

TezBox上でウォレットを作成。管理者アドレスが作成される。

Tezosをちょっとだけ送金。

おや? デリゲート用のアドレスが作れないぞ?

TezBoxのWebサイトを見直したところ、Chromeの拡張機能以外のダウンロードができないことが判明。

再度Google先生に聞いてみたところ、Galleonというウォレットがあることが判明したので、Windows用をダウンロード。

TezBoxからGalleonへウォレットの中身をインポート/エキスポート。

Galleonのウォレット-取引所の口座間でTezosが相互に移動できる(※片道の移動ごとに手数料が必要。)ことを確認。

ateza.io にデリゲート。


TezBoxからは見えていたような気がしたtzscan.ioが見えなくなっていたので、その旨ツイート↓


最新の情報やデリゲートの方法等についてTwitter経由で複数の方々よりご指摘をいただく。

絶賛delegating中 ← 今ココ!!

何とか Gallon に辿り着いて良かったです(小並感)。

スポンサーリンク

その2: Fedora 33 に Galleon をインストールしてみた。

Windows10でGalleonがインストールできて動作確認ができて、ウォレットの情報が正しく取得できたところで、バックアップも兼ねて別のPCにインストールされている Fedora 33 にもGalleonをインストールしてみることにしました。

Fedora 33ではGalleonをインストールする前にsnapdをインストールする必要がありますが…

となってしまい、実用には堪えませんでした。

残念。

スポンサーリンク

まとめ

Twitter経由でコメントをいただいた皆様方には心より感謝申し上げます。

リンク

テゾス(Tezos)を買ってきて、Galleonのウォレットに入れて、さらにデリゲートしてみた話。💰 | メインページ | panda大学習帳 | 第三倉庫 | 用語集📒 | 本サイトについて | プライバシーポリシー


スポンサーリンク